everyday TAPES

牡丹→松葉→柳→散り菊(Chillin' Geek ???)

LIFE

 いまいち体調のすぐれない時に観たら完全にバッドトリップした。

 話は全然目新しくない。宇宙空間の実験隊が、火星で発見した生物に殺されまくるというフツーのパニック映画。

 エイリアンでもジョーズでもジュラシック・パークでも、なんでも無数にあるジャンルだ。そのなかで光っていたかといえば微妙だと思う。

 強いて味になってるところをあげれば、宇宙ステーションという密閉空間で追い回される恐怖。「ドント・ブリーズ」やゲームの「SIREN」。でもその二者のほうが見るべきシーンはあったはずだ。

 要は特に感想が浮かばないこの手の作品で、なぜバッドトリップしてしまったかというと、単純に宇宙空間が気持ち悪くて仕方なかったから。

 劇場で宇宙飛行士を観たのは、もしかして初めてかもしれない。重力のない感じ、フワフワと泳ぐように移動し、有事の際は重たい宇宙服着て、眠る時は専用カプセルに入る。地球に帰っても倒れないようリハビリもする。

 見てるだけで、しんどい。俺はしばらく宇宙服映画は見たくないとさえ思った。もし自分が宇宙ステーションで暮らし始めたら、まもなく発狂するだろう。

 宇宙飛行士は天才しかなれないってのは、あれは、本当だろうね。