everyday TAPES

牡丹→松葉→柳→散り菊(Chillin' Geek ???)

chilllininennightter

 小文字のアルファベットが見づらく連続してるの見るの超好きなんだけどわかる?

 先月末、調子乗ってたら金なくなって(外出したら寒すぎてセーター買ったとか、あと『この世界の片隅に』100回は見たくない?)、CD売りに行った。去年、場所取りすぎるからプラケース捨てて薄いソフトケースに入れ替えたんだけど、あのままにしときゃもっと売れたのに……金が、とかの前に、物多いの嫌になってきた。捨てるの快感。中身知ったもの全部手放していきたい。大事なものだけに囲まれてる方がよっぽど健全。

 で、26枚売ってちょうど1万円くらいに。

 給料入ったから明日は髪切って映画ももっかい見て……思ってるうちに、CD買っちゃった。

 いや。いやね。

 前提としてね。appleミュージックに登録したの。この話はしたっけ? まだだよね。

 ほんとすごい。日本のレーベルはあまりないんだけどそれはどうでもよくて、海外のエレクトロニカ近辺の先鋭的なやつ、何探してもある。人によってはブツを手に入れずに聴き放題で聴くなんて……言うかもしれないけど、俺はね、こういう電子的な音楽はむしろストリーミングで聞いた方が気分出ると思う。針なんか落とさずに、ブラックボックスのラップトップの中からイヤホンごしに電信された方がいい。身軽に。明日になったら忘れてすぐ次の聴くみたいな。サウンドクラウドもそうだけど。

 でもWindowsはダメだね。音楽はMacの流線型がよく似合う(ここ、殴るとこ)。

 今日買ったのはblacksmokerを3枚。とーぜんアップルにはないので。

 今年はKiller BongのBrooklyn Dub聴いてからだいぶ耳の向け方変わったと思う。

 あとなんだ。

 ラノベ書いた。ラノベ。で適当な賞に応募して。 

 ノリで書いたら止まる理由がなくなって。ラノベたぶん10冊も読んでないしアニメも全然見ないから無視されるだろうけど。脊椎任せに文章書くのは趣味として気持ちいい。孤独であれど。

 LOLっていうゲームもインストールだけして。ニューエイジ・ライフ。これからチュートリアルやろうか。眠いけど。

 むしろ眠りながらゲームしたい。音楽聴きながらとか。半分瞑想しながら。でも対人戦らしいから怒られるんだろうな。

 11月は文学フリマ友達と出たけど目に止まるまでの距離ね。それラノベも一緒。

まんがかふたり

 今年の8月に三好銀さんが亡くなったのを知って茫然としていたのもつかの間、不幸な事故による小路啓之さんの訃報を聞いたのが今月のこと。

 ショックだね。

 物語の筋書きとは別のところで、なにげなしに描いた背景や道具やマクガフィンや小動物や通行人などさまざまな余剰のイラストが魅力的なオブジェとなる、とても稀有な才能のまんが家ふたりが亡くなってしまった。

 

 ここ2年くらい小路啓之さんの新作を追うことはなかったが、劇場で『秘密 The Top Secretを観ていた時、ふと小路啓之『ラブリー』という名短編を思い出していた。

『秘密』は、原作の漫画はともかくとして、ひどい映画だった。自分のセンスを賭けてひどいと断言したい。俳優の演技が迫力を増すにつれてシラジラと物語との距離感が生まれていくような、弱い映画だった。

 同じ「脳のデータベースを使って他者の記憶を見る」という装置が出てくるので、小路啓之『ラブリー』を思い出していた。こちらは短編にもかかわらず(映画とまんがを比べてもしょうがないけれど)一切無駄のない書きこみと展開力で読者を没入させ、マジで涙を抑えきれないラストに突き落とす、大傑作だと思う。

 映画を観ながら「あれをもう一度読みたいなー」と思っていた。

 大学のサークル室に置いておいたら、誰かにパクられていたのだ。

 小路啓之短編集の1か2のどっちかに入っていた。表紙が水色っぽいほうだ。

 検索したら、アマゾンだと「ラブリー」が表題作なので、そのまま出てくるようだ。

 ていうか中古品が1万円近くしてるじゃねえか。

 パクった野郎、返せよ。。。。。

日記

 朝寒すぎてトレーナーの上に穴が開いて外に着ていけなくなった灰色のカーディガンをはおり、スリッパまで履いていたというのに昼間から猛烈に暑くなりやがり。朝に干した洗濯物を取り込んでいると太陽がじりじり肌を焦がす。干す時に巣から落ちて死にそうになってた蜘蛛がベランダの外に新しい巣を張ってた。。。

 5時間くらい掃除した。漫画と雑誌を紐で縛っていつでも捨てられるようにする。。。古本でばかり買っているから値札をはがすのも面倒だし売ったところで二束三文だからもういい。もったいないとか欲しい人にあげるとか言ってるうちに繁殖していくので。最近買ったくらいに思ってた本がありえん深さから出てきたり。積み上げた「資源ごみ/古紙」が一山いくらかとか計算することは絶対になく。比較的キレイなのは古本屋に持っていってもいいけど。消滅して別のパルプ材に変わるのなら万物流転の類の感慨も。45Lのゴミ袋いっぱいまで細々したものを捨てたら少しはすっきりしたけど、まだ収納から飛び出た本やらCDが机と段ボール箱の上を占拠していて。

 無印良品の売り場。

 POPEYEとかに出てくる無闇やたらにクリーンな部屋。

 そういうのに憧れるというか整った部屋で過ごしていたら不思議と人間変わるんじゃないかって憧れみたいな。畳数とものの数から言って無理だけど。俺が部屋を使うんじゃなくて部屋が俺にはたらきかけろ。

 電子書籍とかデータ配信の曲の魅力ってすげーよ。

 長袖のシャツ1枚でサンマルクカフェへ。なんだサンマルクって。

 しばらくMacいじってたけど特に思い浮かばず。マシーンって目的がないと答えないものな。

 夕暮れからやや肌寒く。

 帰りに通り過ぎたユニクロで異常なほど行列ができてて二度見した。

 ニットとか安すぎるもんな。

 頑張れよ無印。無印っていうか着る人が印つければいいよ、うん。 

 Man discovered fire for a “season”