読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wardrobe

季節と日記

ユアネーム! ヘイ! ヘイ!

 年末年始のお愛想行事も終わり、やっと自由な時間が持てたので映画に。。。

この世界の片隅に』が家から一番近い映画館でもやるようになったのだけれど、さすがに3回も見たので、もう1度。。。とはならず、他にいまいちピンとくるのがなかったので、『君の名は』の2度目でも見るか、と。

 夏に見て、以来になる。つーか、長くやってるな。

 チケット買おうとして、映画館のポイントカードなくしたことに気づいて凹む。たぶん前に、券売機から排出されたのを取り忘れたんだろう。

 この券売機がくせもので(便利だけど)、前も3D上映のたっかいチケットを、発券したのを取り忘れてて、いざ入場しようとした時に気づいて慌てるハメに。親切な人が受付に届けてくれてたから良かったけど。そういえば前にATMで下ろした金をそのままにして出てったこともあったな。すぐ引き返したら残ったまんまピーピー言ってた。

 ブルーになりながら発券。

 結果としては1度目より楽しめました。

 多分この数ヶ月でラノベとかそーいうエンタメっぽいものに多く触れてたので、楽しむ回路? みたいなものができたのかと。1度目は、いかにもアニメっぽい大仰な喋りかたとか(アニメにしたら普通なんだろうけど)が鼻につきましたが、今回はそれほどでもなく。ふつーによくできてるなあと感心するところもあり。

 目がチカチカするのは変わらないけどね。全部キレーすぎるんだよ! そういう意味でも『この世界に〜』はあらゆる点で俺にヒットした。

 それはともかく。テメェの名。ユアネーム。でも、これ見て「恋したい」とはならないな。「神に会ってみたい」とは思うけどね。

 家系のレベルにまで根拠がいっちゃうと、夢物語ってか神物語なんだな。

 でも奥寺先輩がサイコーだからどうでもいいけどね。

 で、帰りにユニオンでセールやってたので、ブラックスモーカー関連を3枚。原雅明サンのMix手に入れて超期待! KBのMoscow Dubにも。

 金遣い荒いって?

 お・と・し・だ・ま(滝川クリステル)をくれる親戚がいたからな! まだ働いてないもんで。ザーマミロ!

NU YEAR

 年末年始が一年のなかで一番キライだよ、どこもかしこも、落ち着かなくソワソワして。親戚やなんや集まって、ドーモ、ドーモって。しがらみを、まざまざ見せつけられるみたいで、嫌だね。友だちと、別れ際に、思い出したように「よいお年を」って付け加える、それくらいのさりげなさでいいと思うのにね。

 今年も当たり前のように色々なことがあったけれど、来年は働き始める。

 最近はずっと、腹のなかが煮詰まったような不満足な感情があって、ガーッと離れた土地に行って、孤独なところから生まれ出したいような気持ちになる時がある。

 仕事に不安は今の所ないけれど、そのどこまでも地続きな感じが嫌になるというか。

 けーーっきょく家族のことが一番重たくのしかかるんだ。身軽になりたい。

 

・本とか

 今年の初めはジョナサン・スターンとか吉見俊哉とかの、音響社会学(?)的なものから始めて、網野善彦や、民俗学的な歴史の書物を多く読んだ。知的好奇心が満たされて周りの物事が新たな回路で繋ぎ変えられる感じ。

 それから急にエンタメ小説にかぶれて、一生読まないと思っていたライトノベルレーベルを適当にあさり、自分でも8万字ちょっとのラノベを書いてテキトーな賞に応募した。今はその熱も冷めて、短歌や俳句をゆっくりと読んで、なるべく毎日、少しでも自分で作ってみている。

・音楽

 一年中ヒップホップが多く、とくにブラックスモーカーばかり。たまにエレクトロニカ系も買っていたけど、Apple Music登録したあたりでいい加減に。まあ音楽に金使ってばっかりでもいられないしな。

・物について

 一回、ネットでチャンピオンの偽物つかまされてからわりと慎重になって、なるべく実店舗で買うことに。どちらかというと小物を揃えたほうが満足感が高いということで、カードケースを革にしたり靴下買ったり。メガネも時計も、なぜか新しいのが欲しくなる。そうそう買わんけど。

 それと、ペンやメモ帳も、高くても気に入るものを探すようになって。ペンなくすけど。今年は手帳も理想的なものを見つけたので、ちゃんと予定等を書き入れていきたいですね。つーか働くから書かざるをえないか。

 いい感じのもの身につけてテンション上げて脱皮してこう。

 

 一年のまとめとか面倒臭いからやめよ。

 来年はどういう年にしたいですか?

 それは4月あたりに決めることです。

 ピース!

虫と水と雨

 Killer Bong の新作CD-R「虫と水と雨」が今週届いた。

 虫と水と雨の音をサンプリング(標本化)して音の素材に。

「虫の音のBPMを落としてベースにしたり、虫の音をキーをあげてスネアにしたりと」

 だそうで。サンプルマニアKB。やっぱすげーや。

 ヒップホップ? アンビエント? ミュージック・コンクレート?

 とかそーいうの、もう深く考えないけど、まあ全部だろうな。

 ほの見える(MPCの)手つきは完全にKBで、リズムが楽しい、、、

 アルバムタイトルが日本語ってところがすでにそうだけど。KBの中でも異色。ほとんど刷らないのかな? ブラックスモーカーのエクスペリメンタル・シリーズよりも、実験的に聴こえる。

 こんな風に、標本を集めてる時点で、その行動だけで、KBが最強のミュージシャンだって気がしちゃう。亀の竪琴を使った、ギリシャ神話の神もおりし、、、全国でツアーしてた、日記のようなもの?

 この調子で、いろんなアニマルや天候、季節をサンプルしてってくれたら嬉しい。

 

 

 他人のフィールドレコーディングにすごく興味がある。

 

 

 最近の嗜好は一月ごとに変わるかのようだ。

 先月は異常な速度でラノベまがいのえんため小説を書きすててたけど、今は俳句と和歌を、古書でディグる日々。

 ずっと前になぜか富澤赤黄男という俳人は知って、カマしてる句ばかりで、好きだったが、身近なひとが俳句とか作ってるの見てから、もっと自分も、、、と思った次第。

<蝶墜ちて大音響の結氷期

<黄昏の象きて冬の壁となる>

<大地いましづかに揺れよ 油蟬>(赤黄男)

 自分でも小さいメモ帳を持ち歩いて、日記みたく、俳句や和歌を残すようにして。

 俳句にしろ和歌にしろ、なるべく、人間が書いたとは思えないような言葉を置いてやりたい。耳だけじゃなく全身澄まして。

 和歌や俳句は、無名でも、やばい人が多くて、やばいよ。

 

 

 バレーボールしたら異常に息上がったけれど頭がすっきりした。

 

 

 腕時計買いてー。