Wardrobe

季節と日記

NU YEAR

 年末年始が一年のなかで一番キライだよ、どこもかしこも、落ち着かなくソワソワして。親戚やなんや集まって、ドーモ、ドーモって。しがらみを、まざまざ見せつけられるみたいで、嫌だね。友だちと、別れ際に、思い出したように「よいお年を」って付け加える、それくらいのさりげなさでいいと思うのにね。

 今年も当たり前のように色々なことがあったけれど、来年は働き始める。

 最近はずっと、腹のなかが煮詰まったような不満足な感情があって、ガーッと離れた土地に行って、孤独なところから生まれ出したいような気持ちになる時がある。

 仕事に不安は今の所ないけれど、そのどこまでも地続きな感じが嫌になるというか。

 けーーっきょく家族のことが一番重たくのしかかるんだ。身軽になりたい。

 

・本とか

 今年の初めはジョナサン・スターンとか吉見俊哉とかの、音響社会学(?)的なものから始めて、網野善彦や、民俗学的な歴史の書物を多く読んだ。知的好奇心が満たされて周りの物事が新たな回路で繋ぎ変えられる感じ。

 それから急にエンタメ小説にかぶれて、一生読まないと思っていたライトノベルレーベルを適当にあさり、自分でも8万字ちょっとのラノベを書いてテキトーな賞に応募した。今はその熱も冷めて、短歌や俳句をゆっくりと読んで、なるべく毎日、少しでも自分で作ってみている。

・音楽

 一年中ヒップホップが多く、とくにブラックスモーカーばかり。たまにエレクトロニカ系も買っていたけど、Apple Music登録したあたりでいい加減に。まあ音楽に金使ってばっかりでもいられないしな。

・物について

 一回、ネットでチャンピオンの偽物つかまされてからわりと慎重になって、なるべく実店舗で買うことに。どちらかというと小物を揃えたほうが満足感が高いということで、カードケースを革にしたり靴下買ったり。メガネも時計も、なぜか新しいのが欲しくなる。そうそう買わんけど。

 それと、ペンやメモ帳も、高くても気に入るものを探すようになって。ペンなくすけど。今年は手帳も理想的なものを見つけたので、ちゃんと予定等を書き入れていきたいですね。つーか働くから書かざるをえないか。

 いい感じのもの身につけてテンション上げて脱皮してこう。

 

 一年のまとめとか面倒臭いからやめよ。

 来年はどういう年にしたいですか?

 それは4月あたりに決めることです。

 ピース!