everyday TAPES

牡丹→松葉→柳→散り菊(Chillin' Geek ???)

虫と水と雨

 Killer Bong の新作CD-R「虫と水と雨」が今週届いた。

 虫と水と雨の音をサンプリング(標本化)して音の素材に。

「虫の音のBPMを落としてベースにしたり、虫の音をキーをあげてスネアにしたりと」

 だそうで。サンプルマニアKB。やっぱすげーや。

 ヒップホップ? アンビエント? ミュージック・コンクレート?

 とかそーいうの、もう深く考えないけど、まあ全部だろうな。

 ほの見える(MPCの)手つきは完全にKBで、リズムが楽しい、、、

 アルバムタイトルが日本語ってところがすでにそうだけど。KBの中でも異色。ほとんど刷らないのかな? ブラックスモーカーのエクスペリメンタル・シリーズよりも、実験的に聴こえる。

 こんな風に、標本を集めてる時点で、その行動だけで、KBが最強のミュージシャンだって気がしちゃう。亀の竪琴を使った、ギリシャ神話の神もおりし、、、全国でツアーしてた、日記のようなもの?

 この調子で、いろんなアニマルや天候、季節をサンプルしてってくれたら嬉しい。

 

 

 他人のフィールドレコーディングにすごく興味がある。

 

 

 最近の嗜好は一月ごとに変わるかのようだ。

 先月は異常な速度でラノベまがいのえんため小説を書きすててたけど、今は俳句と和歌を、古書でディグる日々。

 ずっと前になぜか富澤赤黄男という俳人は知って、カマしてる句ばかりで、好きだったが、身近なひとが俳句とか作ってるの見てから、もっと自分も、、、と思った次第。

<蝶墜ちて大音響の結氷期

<黄昏の象きて冬の壁となる>

<大地いましづかに揺れよ 油蟬>(赤黄男)

 自分でも小さいメモ帳を持ち歩いて、日記みたく、俳句や和歌を残すようにして。

 俳句にしろ和歌にしろ、なるべく、人間が書いたとは思えないような言葉を置いてやりたい。耳だけじゃなく全身澄まして。

 和歌や俳句は、無名でも、やばい人が多くて、やばいよ。

 

 

 バレーボールしたら異常に息上がったけれど頭がすっきりした。

 

 

 腕時計買いてー。

chilllininennightter

 小文字のアルファベットが見づらく連続してるの見るの超好きなんだけどわかる?

 先月末、調子乗ってたら金なくなって(外出したら寒すぎてセーター買ったとか、あと『この世界の片隅に』100回は見たくない?)、CD売りに行った。去年、場所取りすぎるからプラケース捨てて薄いソフトケースに入れ替えたんだけど、あのままにしときゃもっと売れたのに……金が、とかの前に、物多いの嫌になってきた。捨てるの快感。中身知ったもの全部手放していきたい。大事なものだけに囲まれてる方がよっぽど健全。

 で、26枚売ってちょうど1万円くらいに。

 給料入ったから明日は髪切って映画ももっかい見て……思ってるうちに、CD買っちゃった。

 いや。いやね。

 前提としてね。appleミュージックに登録したの。この話はしたっけ? まだだよね。

 ほんとすごい。日本のレーベルはあまりないんだけどそれはどうでもよくて、海外のエレクトロニカ近辺の先鋭的なやつ、何探してもある。人によってはブツを手に入れずに聴き放題で聴くなんて……言うかもしれないけど、俺はね、こういう電子的な音楽はむしろストリーミングで聞いた方が気分出ると思う。針なんか落とさずに、ブラックボックスのラップトップの中からイヤホンごしに電信された方がいい。身軽に。明日になったら忘れてすぐ次の聴くみたいな。サウンドクラウドもそうだけど。

 でもWindowsはダメだね。音楽はMacの流線型がよく似合う(ここ、殴るとこ)。

 今日買ったのはblacksmokerを3枚。とーぜんアップルにはないので。

 今年はKiller BongのBrooklyn Dub聴いてからだいぶ耳の向け方変わったと思う。

 あとなんだ。

 ラノベ書いた。ラノベ。で適当な賞に応募して。 

 ノリで書いたら止まる理由がなくなって。ラノベたぶん10冊も読んでないしアニメも全然見ないから無視されるだろうけど。脊椎任せに文章書くのは趣味として気持ちいい。孤独であれど。

 LOLっていうゲームもインストールだけして。ニューエイジ・ライフ。これからチュートリアルやろうか。眠いけど。

 むしろ眠りながらゲームしたい。音楽聴きながらとか。半分瞑想しながら。でも対人戦らしいから怒られるんだろうな。

 11月は文学フリマ友達と出たけど目に止まるまでの距離ね。それラノベも一緒。

まんがかふたり

 今年の8月に三好銀さんが亡くなったのを知って茫然としていたのもつかの間、不幸な事故による小路啓之さんの訃報を聞いたのが今月のこと。

 ショックだね。

 物語の筋書きとは別のところで、なにげなしに描いた背景や道具やマクガフィンや小動物や通行人などさまざまな余剰のイラストが魅力的なオブジェとなる、とても稀有な才能のまんが家ふたりが亡くなってしまった。

 

 ここ2年くらい小路啓之さんの新作を追うことはなかったが、劇場で『秘密 The Top Secretを観ていた時、ふと小路啓之『ラブリー』という名短編を思い出していた。

『秘密』は、原作の漫画はともかくとして、ひどい映画だった。自分のセンスを賭けてひどいと断言したい。俳優の演技が迫力を増すにつれてシラジラと物語との距離感が生まれていくような、弱い映画だった。

 同じ「脳のデータベースを使って他者の記憶を見る」という装置が出てくるので、小路啓之『ラブリー』を思い出していた。こちらは短編にもかかわらず(映画とまんがを比べてもしょうがないけれど)一切無駄のない書きこみと展開力で読者を没入させ、マジで涙を抑えきれないラストに突き落とす、大傑作だと思う。

 映画を観ながら「あれをもう一度読みたいなー」と思っていた。

 大学のサークル室に置いておいたら、誰かにパクられていたのだ。

 小路啓之短編集の1か2のどっちかに入っていた。表紙が水色っぽいほうだ。

 検索したら、アマゾンだと「ラブリー」が表題作なので、そのまま出てくるようだ。

 ていうか中古品が1万円近くしてるじゃねえか。

 パクった野郎、返せよ。。。。。